ランキングから選んでも意味がない?育毛剤と育毛シャンプーの常識

育毛剤や育毛シャンプーを選ぶ際についつい気になるのがランキングです。

口コミの評判だけでなく、売り上げのランキングを参考にして育毛剤などを選ぶのは危険で、労力とお金を失う原因になりかねないのです。

なぜなら薄毛の原因は人それぞれ違うため、自分の体質や症状にあったものを選ばなければ効果を期待できないからです。

他人に効果があっても自分に効果があるとは限らないため、販売数などを基準に選んでも失敗してしまう可能性があります。

まずは何故売れているのかと、自分には何が必要かを考えることが必要です。

男女兼用の物は特に注意

育毛剤のランキング
ランキング上位で特に注意が必要なものは、男女兼用の育毛剤や育毛シャンプーです。男女ともに使えるものであればそれだけ数が出やすくなります。

しかし、女性と男性では抜け毛の主な原因となるものが異なるため、場合によっては全く効果を期待できないケースがあるのです。

例えばAGA(男性型脱毛症)は頭皮の血流などを改善しても、ホルモンバランスが改善されなければ治らない可能性があります。

血流を良くし、毛根を強化する成分が入っていても、毛が抜ける速度に変化が出ない可能性があるのです。

男女兼用の育毛剤や育毛シャンプーは、AGAを発症していないことが効果を実感する前提になります。

生え際の交代が顕著など、明らかにAGAの症状が出ている場合はAGA対策の育毛剤や育毛シャンプーを選ぶ必要があるのです。

さらに特殊なシャンプーが必要になる人も

抜け毛の原因によっては特殊なシャンプーが必要になる場合があります。頭皮の肌荒れがひどく、フケがでやすくなっている場合は、頭皮でカビ菌が繁殖している可能性が出てきます。

この場合はカビを退治する成分が入ったシャンプーを使わないと改善に繋がらない可能性が高いからです。抗菌成分などが入ったシャンプーは洗浄力が強く、使い方を誤るとかえって頭皮を傷めてしまう可能性もあります。

明らかな異常が見られる場合は皮膚科などで診察を受けた方が良く、専用のシャンプーや薬を処方してもらう必要が出てきます。皮膚病が原因で抜け毛が進む事もある点に理解が必要です。

原因を突き止めることが基本に

自分の抜け毛の原因がわからない場合は、薄毛治療専門のクリニックなどでカウンセリングを受けるのも方法です。予防策として育毛剤や育毛シャンプーを利用する方法もありますが、改善に繋がるかは不透明だからです。

もし、クリニックに行くのに心理的な抵抗がある場合は、自分なりに症状を分析し、それにあったものを選ぶべきなのです。